要介護1とは?




Pocket

区分 基準 状態の目安
要介護1 要支援2の状態から、IADL(手段的日常生活動作)を行う能力がさらに低下し、部分的な介護が必要となる状態 日常生活はおおむね自立しているが、排泄や入浴などに一部介助が必要。立ち上がりや歩行がやや不安定で支えが必要な状態
要介護2 要介護1の状態に加え、ADL(日常生活動作)についても部分的な介護が必要となる状態 食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに一部または多くの介助が必要。立ち上がりや歩行に支えが必要な状態
要介護3 要介護2の状態と比較して、ADL及びIADLの両方の観点からも著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態 食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに多くのまたは全面的な介助が必要。立ち上がりや歩行が自力では困難な状態
要介護4 要介護3の状態に加え、更にADLが低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態 日常生活全般で能力の低下が見られる。食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに全面的な介助が必要。立ち上がりや歩行は困難で寝たきりに近い状態。認識力、理解力などに衰えが見られ問題行動をとることもある
要介護5 要介護4の状態より更にADLが低下しており、介護なしに日常生活を営むことがほぼ不可能な状態 日常生活全般に渡り、全面的な介助が必要な状態。立ち上がりや歩行はできない寝たきり状態。認識力、理解力などに衰えが見られ問題行動をとることもある。意思の伝達が困難なこともある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です