地域包括支援センターって何?介護の不安があったらまずはここ。




Pocket

地域包括支援センターってどんな所?

『親が認知症と診断されたため、国介護保険サービスを利用したいが何をしていいのか解らない』『まだまだ介護の必要は無いが将来的な不安について質問したい』『何が解らないか解らないが介護についての不安を相談したい』

そんな時に、介護全般の疑問について無料で相談出来る施設が地域包括支援センターです。

地域包括支援センターは(高齢者総合相談センターと呼ばれる場合もある)地域ごとに管轄が決まっており、大体人口2万~3万人あたり一ヶ所の割合で設置されているので、身近な介護相談施設として利用する事が出来ます。

お近くの地域包括支援センターについては厚生労働省のホームページよりお探しする事がで来ます。l

地域包括支援センターはどんな人がいて何が出来るの?

地域包括支援センターは介護に関する情報の総合相談所のような施設です。ですから、様々な相談に対応出来るよう、主に以下の専門家が常駐し相談に対応してくれます。

社会福祉士
高齢者を含め、福祉サービスを必要とする人の相談を受け、援助や支援を行う専門色の方です。

介護保険サービスの利用方法、手続き等を主に教えてくれます。

保健師、看護師
高齢者が健康な生活を送れるようにアドバイスをして貰えます。

認知症の初期症状等含め、生活で困っている事があれば相談出来ます。

主任ケアマネージャー
一定以上ケアマネージャーとしての実務経験を積んだ上でさらに研修を積んだ、指導的立場を担う専門職。

地域の介護サービス等の利用方法、手続きを教えてくれます。

上記の専門職の方が常駐していますので、介護についての相談は大抵の場合は解決出来きます。

また地域包括支援センターで対応出来ないケースに関しても、その問題に対しての相談先を紹介して貰えるはず。

地域包括支援センターはどんな人が利用出来るの?

高齢者の介護に関して疑問がある方は誰でも無料で利用する事が出来ます。相談内容については前述したように介護の問題であれば包括的に問い合わせる事が可能。

そして高齢者本人は勿論の事家族も利用する事が出来ますし『近所の老人が虐待されている』等親族以外の方が利用する事も出来ます。

ただ、地域包括支援センターは地域情報を主に扱っているという面が強いので被介護者の所在地に設置された地域包括支援センターを利用する事が基本です。

地域包括支援センターを利用するメリットは?

介護相談施設の中でも相談内容に対する網羅性というのが1番高いのが地域包括支援センターです。

特に介護が始まってすぐの場合には自分が相談したい内容の専門家が解らないという方がほとんどかと思います。

管理人
野菜が買いたいのに魚屋に行っちゃみたいな・・・

私自身最初の頃はどこに相談して良いのか分からず市役所に行ったりしていました・・

そんな状態でも地域包括センターであれば、相談相手として適切な専門家が常駐していますので、安心です。

また地域包括センターは名前の通り地域の情報を包括的に扱っている施設です。

ですので、地域特有の介護サービスや支援についての情報も多く持っていますので、介護の事について対面で相談したい場合には是非地域包括支援センターをご利用ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です