精神障害者保険福祉手帳は認知症でも交付できるの?




Pocket

精神障害者保健福祉手帳とは精神的に障害を長期間抱えている方に向けた交付される手帳です。

この手帳の交付を受ける事によって、税制や日常生活での優遇を受ける事が出来ます(詳しくは後述)

統合失調症、躁鬱病、非定型精神病、てんかん等を理由に交付を受けている方が多いため、認知症の場合は精神疾患に該当せず交付を受けられないと思っている方もいますが、認知症を利用とした精神疾患でも交付を受ける事が可能です。

ただし、要介護認定を受けた場合のサービスと被る部分もあるので、要介護認定を受けている方にとっては底まで絶大なメリットは無いように思います。

とはいえ、税制面などの優遇も含まれてくるので頭の片隅において、一応専門家相談した方が良いでしょう。

精神障害者保険福祉手帳交付によって受けられるサービス一覧

「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令」によって手帳には障害の程度により、重い順に1級・2級・3級と決められており、手帳の等級によって受けられる福祉サービスに差があります。

税制の優遇処置
所得税・住民税 納税者自身また控除対象者配偶者や扶養親族が手帳を所持の場合所持金から級に応じた金額が控除される
相続税 障害者が相続した場合税額から年齢及び級に応じた額が控除される
贈与税 一級の人への贈与にあたり信託銀行との間で、特別障害者扶養信託契約を結ぶとそういう額のうち6千万円までが非課税になる
利子等の非課税 小額預金の利子所得等の非課税制度及び小学公債の利子非課税制度を利用できる
自動車税・自動車取得税 本人または生計を同一とする人がもっぱら障害者の通院等のために使用する車の場合減免される一級で自立支援医療の支給認定を受けていることが条件
個人事業税 本人または障害者扶養している人の家前年度の総所得が370万円以下の人には級に応じた額が減免される
その他の優遇処置
都営交通乗車証の発行 東電都バス都営地下鉄日暮里舎人ライナーに無料で乗車できる
都内路線バスの運賃割引 都内路線バスの運賃が半額になる
生活保護の障害者加算 生活保護受給者で障害者等級が1・2級の手帳のこと障害者加算がつく
都営住宅の優先入居 5月と11月の募集申し込みは当選倍率が一般に比べて5倍(3級)7倍(1・2級)となる
都立施設の無料利用 公園、動物園、植物園、水族館博、物館スポーツセンターなど都内26箇所で無料利用できる(付き添い者にも適応)
都立公園何の駐車場無料利用 都立公園内の駐車場の無料利用ができる(付き添い者も適用)
休養ホーム利用料の助成 指定する宿泊施設全国39カ所を利用する場合利用料の1部年間200まで一白につき大人障害者6,940円までの助成がある
NTTの電話案内無料 事前申し込みによる104の通話料が無料になる
携帯電話の割引 基本使用料通話料の割引がある
NHK受信料の免除 世帯主構成員全員が住民税非課税の場合全額免除世帯主が丘の場合は半額免除になる
生活福祉資金貸付制度 障害者のいる世帯に対して資金の貸付なと必要な援助指導を行うことによりその経済自立と生活の安定を図ることを目的にした制度
駐車禁止規制の除外 1級で自立支援医療等の支援認定を受けている人が対象

等級の認定と症状

精神障害者保険福祉手帳の交付には医師による診断が必要で等級は3段階です。

等級
症状
1級
1人では生活出来ない状態で認定されます。具体的には外出、食事、入浴等生活の全般に誰かの手助けが必要な状態です。
2級
1人で生きていく上で基本的な事は出来る状態で、日常以外の出来事、一般的な就労等に問題がある場合に認定されます。
3級
一般的な生活は可能で、配慮があれが一般的な職場等での就労も可能な状態。しかし、本人が過大なストレスを感じる状況に直面してしまった場合に一人で問題を解決することが難しい場合に認定されます。

精神障害者保健福祉手帳の申請方法

1.市区町村の障害福祉担当窓で必要書類を貰う

市区町村の障害福祉担当窓口で申請したい旨を伝えます。

ここで簡単な説明も受けられるので、まだ申請するか悩んでる方や詳細について確認したい方も、ひとまず話を聞きに行くのも良いと思います。

申請を行う場合は、障害者手帳申請書、障害者手帳用診断書(後で医師に書いて貰う)を受け取ります。

2.医師の診断を書いて貰う

申請には医師による診断書(障害者手帳用)が必要なので、診断書を書いてくれる医師の診断を受けます。

精神障害者手帳用の診断書なので、受診する病院は精神科がある病院です。また場所によっては診断書を書いていない所もあるので、受診する前に電話で確認する事をおすすめします。

費用は5000円~1万円前後です。

3.市区町村の障害福祉担当窓口で申請を行う

最後に必要書類を受け取った障害者福祉担当窓口で必要書類を提出します。

必要書類
障害者手帳申請書
障害者手帳用診断書
本人写真(縦4×横3で撮影1年以内)
マイナンバーカード、もしくは通知カード
本人確認書類

1ヶ月程度で等級等の審査され精神障害者手帳が交付されます。

精神障害者保険福祉手帳についてのまとめ

個人的には介護保険の中で受けられるメリットと被る部分が多く、あまり意味を感じ無かったため申請しませんでした。

ただし税金関係でもメリットがあり、相続が絡んで来ると申請する事によって大きなメリットがあるような方もいらっしゃるようです。

本当に制度が複雑で素人には理解しにくいですよね(笑)

とはいえ知らなかったで後々後悔するの勿体ないので、一応専門家に意見を聞いてみた方が良いと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です