自宅を担保にお金を作る。リバースモゲージとは?メリット、デメリットを検証!




Pocket

介護施設等に入居するなどで大きなお金が必要な場合、不動産売却等というのがまずは大きな選択肢になると思います。(他には保険の解約、定期預金の解約等)

ただし、そうなってしまうと自宅に戻るという事難しくなってしまいますし、親族がまだ家にいる場合など売却したくても出来ないという情況も考えられます。

そういった場合には借り入れ等も検討対象になって来ますが、いわゆる不動産担保ローンでお金を借りると、規則正しく返済を行う事が基本となるため、介護生活で収支が不安定な情況では現実的ではありません。

そして、そもそも収入が無い高齢者の場合は借り入れ非常に厳しいという現実もあります。

そこで検討対象となるのがリバースモーゲージです。

リバースモーゲージとは?

聞き慣れない言葉なので、よく分からないと身構えてしまうかもしれませんが簡単に言えば不動産を担保にしたローンです。

ただし、リバースモーゲージは通常の不動産担保ローンとは違いシニア層対象としているため、毎月返済を行うのではなく、本人が死亡した時に、担保となっている不動産を売却して返済というのが前提となっています。

自宅の評価額分を一括で融資してもらえ、金利も比較的安いため、自宅は今すぐに売却したく無い方や自宅に住みながらまとまったお金を用意したいという方にはメリットがある制度です。

リバースモーゲージのメリット

少しメリットが見えにくいかもしれないのでメリットを簡単にまとめておきます。

自宅を売却することなく融資が受けられる
生きている間は自宅を手放したくない、家族が住んでいるため自宅を手放したくない。そんな場合でも融資を受ける事が可能になります。
比較的融資が下りやすい
高齢者が条件とはなるものの(55歳以上など)担保の不動産さえあれば利用時の収入要件等は住宅ローンなどと比べ、さほど厳しくないため、収入が少ない高齢者でも融資を受ける事が出来ます。
無くなるまで基本的に返済義務は無し
基本的には契約者が死亡時に担保である不動産を売却する事でローンを返済します。そのため存命中は毎月の返済が必要ありません

リバースモーゲージのデメリット(リスク)

担保物件、エリアに制限がある
資産価値が認められない場合銀行としても融資が難しいため、エリアや物件に制限があります。
融資額が評価額の50%以下
地価下落等のリスク等を軽減するために評価額が50%以下に融資額が制限されます。
地価下落リスク
担保評価価格(不動産)が下がると追加担保が必要になる。もし区はローンが途中でストップ。
長生きリスク
存命中ローン受け取り総額が評価額に達してしまう可能性がある
相続人リスク
本人が亡くなった後、自宅がなくなるので、配偶者や子どもがいる場合には住む場所が別途確保されていなければならない

そもそもリバースモーゲージは、最終的に自宅を売却し、それまでに行った融資の利息と元金と手数料を回収するしくみです。

そのため、現実的にはある程度資産価値がある土地でないと、存命中に融資がストップしてしまう事になりかねません

そのためリスクをふまえると、どちらかといえば、老後資金や介護費用に困って、なんとか現金をねん出したいという人よりも、生活に余裕があって、リバースモーゲージで得た資金に頼らなくても大丈夫という人でなければ、なかなか利用は厳しいような印象を受けます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です