認知症予備軍。軽度認知障害(MCI)の症状と対処方。




Pocket

ある日いきなり徘徊し始める、家族を認識出来なくなる、日常の生活が送れなくなる。

認知症とはそういう病気ではありません。認知症にはその前段階、軽度認知障害(MCI)という、認知症とそうではない方の中間ゾーンが存在します。

この段階では通常の物忘れ程度の状態であり、日常生活にもさほど支障がないため、発見が簡単ではありませんが、この情況を放置すると5年以内に5割の方が認知症に移行すると言われています。

ただし、この図を見て貰えれば解ると思いますが、5割の方が認知症に移行してしまう一方で、そのままの状態で認知症に移行しない方が4割、又軽度認知障害の状態から正常な状態へ症状が改善される方が1割います。

認知症と言うと治らない病気と言われていますが、この軽度認知障害の状態であれば、症状を抑えて認知症に移行をするのを防ぐ、又は改善するという事が可能なのです。

そのためには認知症予備軍。軽度認知障害(MCI)についてしっかり理解を深め、老化による物忘れとして初期症状を放置しないことが必要です。

軽度認知障害(MCI)の5つの程度(ポイント)

物忘れのようなレベルの記憶障害だが、ほっておけば認知症に進行してしまう恐れがある軽度認知障害(MCI)では実際医学上どのような定義付けをされているのか?

具体的には以下5つのポイントがあげられます。

1.本人や家族から記憶障害の訴えがある
2.年齢や教育レベルの影響のみで説明できない記憶障害がある。
3.日常生活には問題がない
4.全般的な認知機能はおおむね正常
5.認知症ではない

ざっくり言ってしまえば、日常生活には支障は出ていないが、年相応以上に記憶障害が認められる状態。というのが、軽度認知障害(MCI)の定義になっています。

私(母親の介護)
とはいえ、年齢相応以上に記憶障害が認められる情況って判断が難しいですよね・・

ただ、自分の親の初期段階で考えると特徴的な症状として、『根本的に忘れている』という症状があったと思います。

例えば、トイレットぺーパーを購入した事を忘れて、もう一度購入してしまう等。重複して購入してしまった情況を把握して以前購入した記憶が蘇るはずです。

しかし、母の場合は『あれ??誰か他の人が購入してくれたのかな?』という感じで、以前の事を完全に忘れてしまっているというケースが多く見られました。

単純な物忘れと、軽度認知障害(MCI)との違いなのかな?と個人的には考えています。

軽度認知障害(MCI)の代表的な症状とは?

うちの母の話以外でも、他の認知症介護者に聞いた初期症状(MCI)で記憶に残っている症状をまとめて見ました、

1.知っている人ものや人の名前が出にくくなり、『あれ』『それ』『あの』などの言葉が多くなる。

これは若い人でも普通にあると思います。ただ、そういう普通の症状以外にもスプーンなど日常的に使う物の名前が出てこなくなったりと違和感を覚えるようなケースがあれば注意が必要なようです。

2.つい最近の出来事の記憶がすっぽり抜けている。

ご飯で何を食べたか忘れてるという事は普通にあるようですが、食べたか食べてないいないかを忘れてしまっている場合は注意が必要です。

3.約束を忘れてしまう事が増える。

これも約束した事自体を忘れているケースは注意が必要なようです。

4.同じ話を何度もはなすようになり『その話、前にも聞いたよ』と言われる事が増える。

5.習慣だった好きなことに消極的になって辞めてしまう。

物忘れが始まると同時でこれまで好きな習慣だった事を辞めてしまうという場合も注意が必要なようです。

私(母親の介護)
やはり忘れてしまった事を認識した時に、そもそも記憶を蘇らせられるか否かという部分がポイントになっているような気がします。

『その話前にも聞いたよ』『〇〇の約束したじゃない』

こういう場合以前の母であれば『忘れてたー!!』となっていましたが、そもそも約束自体を覚えていなかったりで混乱している感じが伝わってきました。

軽度認知障害(MCI)2つのタイプ

ひとまとめに軽度認知障害と言っても移行の可能性がある認知症には様々なタイプがあり、どのタイプの認知症予備軍なのか?によっても軽度認知障害(MCI)の症状が若干違ってくる事を頭に入れておく事も重要です。

具体的には軽度認知障害(MCI)は健忘型MCI、健忘型MCIにの2タイプに区分されます。

・健忘型MCI(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症に移行確率が高いタイプ)

このタイプは記憶障害が主な症状です。

・非健忘型MCI(前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性型認知症に移行する確率が高いタイプ)

こちらのタイプは判断力の低下が顕著に表れるタイプと言われています。ただ非健忘という名前がついていますが、もの忘れ等の症状は普通にあります。

私(母親の介護)
認知症というと、一つの病気と思われがちですが、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症前、頭側頭型認知症、レビー小体型認知症など複数の種類があり、症状にも違いがあります。

ですから、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の状態でも症状に差が出るようです。

ただし、進行した時ほど、各タイプの認知症かによって症状に大きな違いはありませんし、この段階でどのタイプ判定する事は困難なので(脳などに異常は見られないため)

そこまでタイプについて気にする必要は無いように思います。

軽度認知障害(MCI)の症状を自覚したら?

このブログ内で何度も繰り返して来ましたが、認知症は早期発見して治療する事が、1番大切です。ですから軽度認知障害(MCI)が疑われる場合にはすぐに病院で検査をしてほしいと思います。

ただ、いきなり病院に行くのは面倒、またどんな病院に行って良いのか解らないという人も少なくないと思いますので、自宅でチェックする方法と、病院の選び方について解説しておきます。

自宅でチェックする場合

1.長谷川式簡易知能評価スケール(改訂版)

全部で9問の問題に答えます。30点満点で、20点以下だった場合には認知症の可能性が高いとされています。非認知症の人の平均点は24.3点です。

ただし、初期段階のテストとしては強度が低く、基本的には結構な高得点が出てしまうと思いますので、結果に安心しないでほしいというのが個人的な気持ちです。

2.歩行速度のチェック。

認知症患者の場合は空間認識能力が低くなってしまうため、歩行速度が遅くなるという症状が現れるケースが多いようです。ケガをしていないのに以前よりも歩行速度が遅くなった場合などは注意が必要です。

病院での検査

病院で検査する場合は専門医を受診しましょう。医者だからすべての情報を知っているというのは勘違いで、お医者さんが全ての診察を出来るわけではありません。

とりわけ軽度認知障害(MCI)の段階ではさほど特徴的な症状も現れていない場合がほとんどですので、専門医による診断の重要性が高まります。

認知症の診断は『もの忘れ外来』が専門です。

検査内容は?

問診から始まり必要がある場合は、尿検査、血液検査、MRI、CTなどの画像検査を行います。

軽度認知症障害の場合はMRI等で異常を確認する事は出来ませんが、認知症や他の疾患も念頭に置いた検査を行うようです。

軽度認知障害と診断されたら

軽度認知障害は、認知症の前段階であり、認知症ではありません。認知症になってしまえば脳組織の萎縮なども始まってしまい、それを治すという事は出来ませんが、この段階であれば症状を抑えられる可能性があるのです。

ですから極度に悲観せず、医師と相談して進行を抑える努力をしましょう。

冒頭でもお伝えした通り放置すれば5年以内に5割が認知症になるというデータがありますが、予防を心がける事によってその確率を減らす事が出来ます。

軽度認知障害を見逃してしまった私の後悔

私が母を初めて病院に連れていった時、母はすでに認知症を発症しており、MRI上で脳の萎縮が認められる状態で、日常生活においても、同じ物を何度も買ってしまう。今まで上手かった料理が出来なくなってしまう、身なりにほとんど気を遣わなくなるなど、若干生活に支障が出るレベルにまで進行してしまっていました。

ですから認知症という診断を受けた時に『やはり』という気持ちが1番大きく、それと同時に『もっと早く病院に来れば良かった』という思いで心がいっぱいになりました。

その思いは介護を行って行くなかで認知症という病の知識が増えて行くにあたって日々大きくなり、今でも大きな後悔として心に残っています。

『認知症であってほしくない』『大丈夫だと思いたい』『医師に診断されて認知症と確定するのが怖い』こういう気持ちは家族にも、本人にも強くあると思います。

ただし何度も言いますが、発見が早ければ早いほどこの病気は対処方の選択肢が多くあります。また最終的に認知症になってしまうとしても、症状を送らせる事によって、より本人らしい生活長く送らせてあげる事が出来ます。

ですから、症状が疑われる場合には是非病院を受診してほしいと思います。

母の介護を行って『あの頃こうしておけば良かった』という後悔は色々とありますが、1番の後悔はとにかく初期の症状を見逃してしまったという事です。私は母にしてあげられる事はもうありませんが、この文章をみて、少しでも初期段階で認知症を発見出来る人が増えてくれればと強く願っています。

皆さんにお願い

ここの情報はあくまでも私の体験、私の調べた範囲の情報ですので、『私の場合はこうだった』とか『もっとこういう情報が欲しいとか』『こんな初期症状もある』等々、軽度認知障害(MCI)についての情報があればコメント頂けると嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です