高額介護サービス費とは?払いすぎた介護費戻ってくる還付制度。




Pocket

月あたりの医療費に負担が大きい場合に上限を超えた分の医療費を免除してくる→高額療養費制度

同じように介護費(介護保険内のサービス)に関して負担を軽減するための制度があります。

高額介護サービス費支給制度とは?

居宅サービスや施設サービス等の支払費用に対して所得ごとの上限を決め、それを超えた分に関しては負担を免除する制度です。

所得額に対しての上限額は以下のようになります(こういう制度があるくらいの認識で細かい数字は覚えなく良いです、医療機関等が計算してくれます)

所得区分
支払上限額
①現役並の所得者がいる世帯
(1人暮らしで383万以上、2人暮らし以上で合計年収520万以上)
4万4000円(世帯で)
②一般世帯(市町村民課税世帯)
(世帯のうち誰かが市区町村民税を納めている世帯)
3万7200円(世帯で)
③市町村民非課税世帯
(世帯の全員が市区町村民税を納めていない世帯)
2万4600円(世帯で)
④市合計所得金額と公的年金等の収入額の合計金額が80万円以下の人 2万4600円(世帯)
1万5000円(個人)
⑤老齢福祉年金を受給している人 1万5000円(個人)
⑥生活保護受給者 1万5000円(個人)
1人だけの介護サービス費だけでは無く世帯換算で上限が決められています。つまり夫が2万、妻が2万というようば場合でも高額介護サービス費制度適用されます。

例えば②一般世帯(世帯のうち誰かが市区町村民税を納めている世帯)で考えた場合負担額が10万円だったとすると上限が3万7200円なので、6万2800円分返ってくる計算になります。

高額介護サービス費支給制度を受けるには?

注意点です、払いすぎたからと言って自動的にお金が戻ってくるわけではなく高額介護サービス費の支給を受けるには初回のみですが申請手続きが必要です。

さきほど解説した、高額サービス費支給費制度で定められた上限を超えると、その約3か月後に、通知と申請書が届きます。

届いた申請書へ必要事項(銀行口座など)を記入し、市区町村へ提出すれば申請完了です。

以降上限オーバー分に関しては自動的に振り込まれる形になります。

初回申請時に必要なもの
・高額介護サービス費支給申請書(送られて来る)
・介護保険被保険者証
・サービスの領収書
・印鑑
・振込口座のわかるもの
・老齢福祉年金受給者証(老齢福祉年金受給者のみ

注意点!全ての介護サービスの費用に上限が適応されるわけではない。除外項目を解説

介護保険サービスで発生した全てのサービス費ひ上限が適応される別けでは無く以下の例外もあるので注意してください。

項目 備考
食費 ショートステイや介護施設で利用する食事は上限から除外されます
住居費 ベット代金、おむつ代金等
住宅改修費 自宅に手すりをつける等の改築も上限から除外
福祉用具購入費 車いす、介護用ベットの購入等も除外
管理人
例えば特別養護老人ホーム(個室)に入居すると大体月15万円くらいかかりますがその内訳は賃料5万9100円、食費4万1400円、介護保険費用1万6410円~2万4420(要介護度による差)です。

高額介護サービス費は賃料、食費は除外なので、ここで言うと1万6410円~2万4220円の部分のみです。

ポイント!介護費と医療費は合算できる

さらに、1年間に介護保険と医療保険の支払いが高額となった場合の軽減策も用意されています。

同じ医療保険の世帯内で、医療と介護の利用者負担額の合計が上限額を超えた場合、申請により超えた分が支給される「高額医療・高額介護合算療養費制度」です。

計算期間は、毎年8月から翌年7月までの12か月間。 国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入している親で支給対象の可能性がある場合には、医療保険者から案内が届きます。ただし、対象期間中に、医療保険の変更があった場合は案内が届かないので、加入の医療保険者に確認することが必要です。

所得区分 後期高齢者医療制度+介護保険
(75歳以上の人)
医療保険+介護保険
(70歳~74歳の人)
現役何の所得者 67万円 67万円
一般所得者 56万円 56万円
低所得者 31万円 31万円
世帯の各収入から必要経費・控除を差し引いたとき所得が0円になる人 19万円 19万円

高額介護サービス費とは?払いすぎた介護費戻ってくる還付制度のまとめ

上限を超えた介護を費を支払った場合にはお知らせが届き、そのお知らせに従って制度利用の申請をすればいいの比較的に利用漏れが無いサービスかと思います。

とはいえ、初回のお知らせを無視してしまったり、申請をしなかったりすると損をしてしまいますので、介護費用(介護保険サービスの費用)が多くかかる方は忘れないようにしたい制度です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です