認知症の基礎知識




Pocket

認知症とは?初期症状と加齢の違い

状態
加齢
認知症
物忘れ
例:同じものを買った場合の反応

『そういえば、前買ったんだった』忘れた事思い出す

例:同じものを買った場合の反応

『なんでこれがあるんだ?誰か買ったのか?』忘れた事を忘れる。

病理的変化
脳萎縮等の病理的変化無し 脳萎縮等の病理的変化あり
判断力
低下なし 低下あり
判断力
支障なし 支障あり

認知症とは脳の病気です。実際MRI等で脳を調べると、認知症患者の脳には通常の老化とは異なる萎縮が見られ、死後に組織を顕微鏡で調べると神経原繊維変化や、老人斑とい呼ばれる独特な病理変化が見られます。

しかし、初期に現れる症状としては、記憶力、判断力の低下というものが主であり、一見して加齢によって引き起こされる症状と区別がつきません。

そのため、65歳以上の4人に1人が認知症、及び(MCI)予備軍であるというデータがあるにも関わらず、初期段階では加齢によるボケとして扱われるケースが殆どなのです。

認知症自体は残念ながら、今の所根本的な治療法がなく、正しく診断を受けても完治が望める病気ではありませんが(一部例外あり)初期段階のMCIの段階であれば認知症へ移行する確率を減らす事が出来ます。

そのため『あれ?おかしいな?』という症状が出た時点で認知症の可能性を頭に入れて判断する事が大切になのです。

『どうせ決定的な治療法がないのだから』なんて理由で早期受診を否定する意見もありますが、そんな事は絶対ありません。

将来認知症の症状が進む事が避けられなかったとしても、その事を意識できているか?出来ていないか?によって、残された時間の過ごし方が大きく変わって来ます。

認知症の初期症状と物忘れの違いについては以下の記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

★認知症と物忘れの違いは?認知症の初期症状を見逃さないために★

認知症とは一つの病ではない

認知症と一つの病気のように思われる方も少なくないと思いますが、認知症とは『何らかの原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなった事により、様々な障害が発生している状態(6ヶ月以上継続)』の事を指します。

つまり、認知症とは病気というよりも、こうした状況を生み出す様々な病気の総称のようなものです。

型によって治療方法に違いがあったり、症状に違いがある事は勿論事ですが、中は完治する可能性があるものもあります。ですからその認知症が治るものなのかどうかを見極める為にも早期の受診が大切です。

4つの代表的な型と治るタイプの認知症

特徴、症状
アルツハイマー
・認知症の5割程度を占める型で女性に多い
・特殊なタンパク質(アミロイドベータ)の蓄積による脳萎縮が原因
・進行は比較的穏やかだが、完治は現状不可
・若年層でも発症する場合、遺伝性の場合もあり
脳血管性認知症
・認知症の1~2割程度を占める型
・脳梗塞等が要因となり脳神経が破壊される事が原因
・手足の麻痺、感覚障害等を伴う場合もあり
・症状が突発的に進行し完治は現状不可
レビー小体型認知症
・認知症の1~2割程度を占める型
・特殊なタンパク質(レビー小体)の蓄積による脳萎縮が原因
・幻覚、幻想、運動障害(手足の震え等のパーキンソン症状)を伴うケースが多い
・症状の波が大きいが、進行性で完治は現状不可
前頭側頭型認知症
・認知症の1割以下程度
・脳の前頭葉、神経細胞が壊れる事が原因
・性格の変化、行動異常等を伴うケースが多い
・神経破壊の要因が不明で治療が難しく、進行が早い
治るタイプ
・正常圧水頭症=脳脊髄液が異常に貯まり、脳を圧迫する事が原因。早期に脳脊髄液を排出処理すれば治療可能
・慢性硬膜下血腫=外傷による血腫が原因。血腫を取り除く事によって治療が可能
・他にも甲状腺の機能低下、ビタミン欠乏等にで認知症の症状をひき起こすケースあり。

アルツハイマー型

アルツハイマー型認知症
概要
脳の神経に異常なタンパク質(アミロイドベータ)が蓄積し、正常な脳神経細胞を破壊。その結果記憶を司る会がから萎縮が始まり、記憶障害を中心とし様々な障害が目立ってきます。
認知機能障害は?
初期段階では記憶障害が障害の現れが顕著です。比較的新しい記憶が先に失われ、物の置き場所、約束などを忘れるようになります。また見当識障害や実行機能障害も早い段階から現れます。
行動心理面は?

脳血管性認知症

レビー小体型認知症

前頭側頭型認知症(ピック病)

その他の原因

治るタイプの認知症

認知症のになった場合の主な症状とは?

認知症の症状は?と言うと『物忘れが』『徘徊』『被害妄想』『暴言』『失禁』などが浮かぶと思います。

これらは全て認知症からくる特徴的な症状ではありますが、中核症状と周辺症状という風に別けて考える必要があります。

なぜかと言うと、認知症によって起こされる中核症状というのは病気が直接引き起こす症状で、防ぐ余地がありませんが、周辺症状については、病気そのものが引き起こすものではないため、上手くケアを行えば症状を抑える事が出来るためです。

中核症状
(脳萎縮によって引き越される症状)
周辺症状
(中核症状が元で引き起こされる症状)
・記憶障害(物忘れ)
・見当識障害(いつ、どこ、誰を間違える)
・実行機能障害(順序立てた行動が出来なくなる)
・失語(話す、聞く、喋るが出来なくなる)
・失認(見たり、聞いたり、触れたりが何か分からなくなる)
・失行(出来たことが出来なくなる)
・徘徊・弄便・もの取られ妄想
・せん妄・幻覚・錯覚
・うつ・暴力・暴言
・介護拒否・失禁・不眠
・帰宅願望・異食・拒食
・収集・執着

中核症状によって引き起こされる周辺症状

先ほど中核症状は病気そのものが引き起こす症状であり改善が難しいが周辺症状に関しては上手くケアを行えば症状を抑える事が出来るというお話をしましたが、具体的周辺症状である『もの取られ妄想』を例にあげます。

『誰かが自分のものを盗んだ』という周辺症状は、物を忘れるという中核症状→『盗まれたという妄想=周辺症状』に繋がっています。

想像して見てください。ある日自分の財布がなくなったら。誰だって盗まれたと思うはずです。認知症患者の方は物をしまった記憶がなくなっているのですか盗まれたと感じてもしかたがありません。

ですから物取られ妄想というのは認知症が直接引き起こす症状ではなく、物忘れという中核症状によって引き起こされたと考える事が出来ます。

これは他の周辺症状にもいえる事で、健常者からとって意味の分からない認知症の周辺症状も、認知症患者にとっては合理性のある行動なのです。ですからそれをふまえた上で、ケアを行う事で中核症状から起こってしまう周辺症状を抑える事が出来ます。

例 物取られ妄想の対応例

認知症『財布がない、おまえ盗んだだろ』
介護者『それは大変ですね!一緒に探しましょう(発見)』
認知症『こんな所にあったのか?おかしいな』

こんな具合です。

ここで『あんたがボケてるんだろ!』としてしまうと『盗んだくせに!ボコボコ=暴力(さらなる周辺症状の発生)』なってしまいます。

しかし、否定しないことによってお財布を見つけた時『もしかしたら自分がここにおいたかも=周辺症状の解消』となるかもしれませんし、暴力につながる可能性を低くする事が出来るかもしれません。

簡単ではありませんが、認知症の行動=謎の行動と思考停止してしまわない為にも、中核症状からくる周辺症状という考え方は頭に入れておく必要性があります。

認知症の進行と予後について

大切な人が認知症と判断された時に1番気になるのは『今後どうなってしまうのか?』という部分だと思います。

しかし、先ほども述べたように、認知症にはいくつもの型があり、さらに同じ型だとしても、進行には大きな個人差があります。

ですから、一概にどのような速度で病気が進行して行くのかというのは、はっきり言えません。

ただし、大まかな症状の流れというのは以下のようになります。

段階
症状や特徴
初期
(発病期)
物忘れを中心とした症状が出始め仕事等には支障が出て来ますが、周辺症状等も目立たずまだ自立して生活する事が可能なレベルです。
中期
(精神症状多発期)
物忘れの他に、見当識障害(いつ、どこ、誰を間違える)実行機能障害(順序立てた行動が出来なくなる)の影響が出てくる事によって、徘徊、妄想等の周辺症状が強く見られるようになります。
ただ、身体的には認知症の影響はなく、判断能力が無い状態で動き廻るため、介護負担として1番大きくなりやすい時期です。自立した生活は難しい状態です
後期
(身体症状合併期 )
精神的な症状にプラスして身体的にも影響が出て来ます。特に感染症にかかりやすくなったり、誤飲性の肺炎になったりしやすくなります。また筋力が低下して転びやすくなったりケガから寝たきりになるケースも少なくありません。排泄等の負担も大きくなるため施設入居でなければ対応できないケース出て来ます。
終末期
(寝たきり期)
失語(話す、聞く、喋るが出来なくなる)失認(見たり、聞いたり、触れたりが何か分からなくなる)の中核症状が強く出て来てきます。歩く筋力は残って居たとしても歩く意欲等を失い寝たきりの状態になります。笑う事、喋る事などをしなくなり、外から見ると無気力な状態です。

初期→中期→後期→終末期まではおおよそ10年程度が平均とされていますが、若年層で発症した場合進行が早いケースが多く、逆に高齢で発症した場合には進行が遅く、症状があまり進まないまま亡くなられるというケースも少なくありません。

ただし、物忘れから始まり、精神的な症状がではじめて、徐々に身体的機能が失われるという流れがほぼ共通した特徴です。

ですから、後悔の無い介護を行う為にも今後予想される症状の流れは、大まかに把握しておく必要があると思います。

認知症の治療方法について

ここまで認知症は基本的には治らない病気というお話をしてきました。

しかし、症状の進行を遅らせるという意味での治療方法が無いというわけではありません。

認知症というと、『治らない』という事実からどうしても、悲観的な情報ばかりに目が行きがちですが、治らない病気は認知症だけではありません、癌にしても、糖尿病にしても完全な意味で完治しない病気などいくらでもあります。

それでも、出来るだけ本人や家族の望むような生活を送るために、治療する事が大切なのです。ですから完治しないとしても、有効な治療法を学び、実践する事には大きな意味があります。

認知症の治療の流れとリハビリ

流れ
内容
①診断
認知症といってもその原因となっている疾患によって対処法が変わってくるためまずは診断が必要です。診断に関しては『物忘れ外来』『精神科』『脳外科』等がおすすめ(出来ればMRIがある病院)初期で専門以外の病院にいくと見逃される可能性あります
②投薬
アリセプト、レミニール、イクセロンパッチ、メマリー等の薬を使用。認知症を治す効果は無いが、進行を遅らせるという意味では効果が報告されています
②リハビリ
主に周辺症状を抑える事を狙いに行われます。
・回想法=失われにくい昔の事を回想する事によって脳の活性化をはかる
・園芸法=花や植物を育てることにより、感情や意欲の促進をはかる
・音楽療法=昔好きだった音楽等を聞き、過去の思い出を思い出す

1.認知症の診断

とにかく早期に診断を受ける事が何よりも重要になりますが、認知症を早期発見するには以下の3つ問題点があります。

  1. そもそも認知症である可能性に家族、本人が気がつけていない。
  2. 本人が病院に行きたがらない。
  3. 初期症状では病院で見逃されてしまう可能性がある。

1.そもそも認知症である可能性に家族、本人が気がつけていない。

まず第一の問題点は家族、本人が認知症の可能性を疑わない事。

これは近年認知症という病気に知られて来たことによって、改善されては来たものの、いざ疑わしき状況になると『自分は大丈夫』『認知症てあってほしくない』という願望から病院に足を運ばないという方も少なくありません。

ただ、何度も言いますが、早く見つけられれば見つけられただけ、出来ることの幅が広がります。ですから疑わしき状況の場合にはまずは認知症の可能性を考慮する事が大切です。

2.本人が病院に行きたがらない

認知症の方は基本的に自分を認知症だとは思っていません。そして認知症を疑われる事に対して抵抗を持つ方が殆どです。そのため、病院に行くという行為自体が難しくなります。

ですから病院にはつれて行く際は健康診断と嘘をついたり、まずは家族だけで足を運び医者の判断を仰ぐ等の工夫が必要になります。

正面から『最近言動がおかしいから認知症の診察をしに行こう』などの病院の誘い方は絶対にNGです。

3..初期症状では病院で見逃されてしまう可能性がある

次の問題点は病院。専門医以外でも、ある程度認知症が進んだ段階であれば、認知症が見逃されると言う事はありませんが、初期症状の場合は正しい診断を受けられない場合も少なくありません。

ですので、診察を受ける場合には必ず、『物忘れ外来』『精神科』『脳外科』等の専門医がいる病院を受診しましょう。確定診断にはMRIが用いられる事が多いため、できれば最初からMRIのある病院に行った方が、紹介状をもらって別の病院にMRIを取りに行くという手間が省けるかと思います。

2.薬物療法

個人差はあるものの、薬物治療を行って1年程度は、薬を飲む前より良い状態を保てるor症状の進行を抑える事が出来るというケースが多く見られます。

薬の効果は徐々に薄れて行き、やがては進行を止める事が出来なくなります。

しかし、症状が軽い段階で、一旦進行を抑える事が出来れば、これからの生活について考える余裕が生まれますので、早めに診断を受けて薬物療法を受ける事に大きな意味があります。

薬品名
作用
アリセプト
アルツハイマー型認知症の進行を抑える為に主に使用されます(レビー小体型認知症にも使用)軽度~高度の治療まで用いられ認知症治療で最も多く使われる薬です
レニミール
アルツハイマー型認知症の進行を抑える為に使用されます。アリセプトと似たコンセプトの薬ですが、軽度~中程度の認知症患者に用いられます。
イクセロンパッチ
貼るタイプの薬で、皮膚から徐々に薬が吸収されるため、血液濃度が安定する利点があります。軽度~中程度の認知症患者に用いられます。
メマリー
中度~高度の認知症患者の用いられます。感情の高ぶり等を抑える効果があります

3.リハビリ、非投薬治療

最初は有効に作用する薬も、一定期間をすぎると効果がが落ちてきます。そのため患者さんが本来の姿のまま少しでも長く生活するためには、投薬以外の治療が必要になって来ます。

認知症でおこなわれる非投薬療法・ケア

認知症でおこなわれる非投薬療法・ケア
回想法
比較的に失われにくい過去に記憶を回想する事よって、脳の活性化をはかる療法。
自らの体験に聞き手が共感し、受け止めてくれる事で、精神面での安定が期待出来る
芸術・絵画療法
絵を書いたり、粘土で作品を作ったり、鑑賞したりする事で脳の活性化を図る。脳機能の活性化が期待できる。
音楽療法
好きだった音楽を聞いたり、一緒に演奏したりする療法。特に若い頃の音楽が有効。音楽によって過去の記憶を思い出し、精神が安定する
運動療法
運動する事によって、脳の活性化を図る。特に体を動かしながら、歌を歌う、しりとりをするなど複合的な運動が効果的とされる
作業療法
手芸、工作、園芸などの作業をする事によって脳の活性化を図る療法。
アロマセラピー
嗅覚を刺激する事によって脳の活性化を図る方法。
アロマ自体に身体機能を調整する効果も期待でき、さらに香りと記憶は結び付きが強ため、記憶を呼び戻す効果もあり
光療法
強い光と一定時間照射することで睡眠と覚醒のリズムを整える療法。昼間の覚醒度をあげることで、夜間の異常行動を抑える効果が期待できます。

非投薬ケアの基本は本人の出来ることを大切にするという事

回想療法、音楽療法、芸術療法などなど、なんだかすごそうな名前がついていますが、結局の所別に特別な事をしているわけではありません。

やっている事は本人の出来ることを大切にすると言う事、楽しいと感じて貰う事。それだけです。ですから非投薬ケアというのは上記のようなものではありませんしベストな方法というのも1人1人違うと言う所を頭に入れておく必要があります。

本人が楽しくできるという部分が1番のキモになりますので、嫌がっているのであれば、意味がありません。

認知症の介護について、まとめ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です